猫月の部屋

猫のことや、おすすめの物のことなどを書きます。

マスクを着けるメリット。

f:id:neko-zuki:20170227093319p:plain

今の時期は、マスクを着けている人が特に多いですよね。
風邪予防や花粉予防のために着けている人がほとんどだと思いますが、マスクは風邪予防や花粉予防以外にも役立つことがあるんです。

 

 

のどの乾燥予防

のどが乾燥しているとウイルスが感染しやすくなります。それに、イガイガして咳が出て苦しいですよね。のどの乾燥を予防すると、ウイルスの感染と咳の予防になり、一石二鳥です。

ほうれい線予防

 マスクによって呼気が顔とマスクの間に留まり、肌の乾燥を防ぐことができます。そのため、マスクに覆われている部分は冬でも乾燥せず、頬の境界線であるほうれい線が出づらくなるということです。

すっぴん隠し

マスクを着けていると、化粧をしていなくてもバレないでしょう。時間と化粧品代の節約になります。眉毛がほとんどない場合は、アイブロウで適当に書くのを忘れずに。しかし、誰かと会う約束がある――というのでなければ、眉毛がなくても特に問題はないでしょう。

最後に

私はマスクが好きでよく着用するんですが、メガネがくもって歩くのが大変でした。メガネをくもらせないため、あまり息を吐かないようにして呼吸困難になりそうになったことが何度も……(^_^;)

 

そんな時に「メガネのくもり止め」という物を発見。これのおかげでメガネがくもらなくなり、メガネとマスクを併用していても自由に呼吸ができるようになりました(笑)
同じことでお困りの方は試してみてください。

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

今日は猫の日!

……なのでうちの猫の写真を貼ります。

 

f:id:neko-zuki:20170222230623j:plain

「何見てんだよ?」

ガン飛ばし中。

 

f:id:neko-zuki:20170222230843j:plain

「閲覧ありがとうございました」

ペコリ。

  

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ドイツの動物保護施設「ティアハイム」が素晴らしい

f:id:neko-zuki:20170220201620j:plain

 

日本では年間10万匹以上の犬猫が殺処分されていますが、動物福祉国であるドイツでは基本的に殺処分は行われず、動物たちは「ティアハイム」という民間のシェルターで保護されています。

「ティアハイム」とは 

 

従業員以外にもボランティアの方が大勢いて、保護されている動物の世話や犬の散歩などをしている動物保護施設です。

 

年間予算は市民や企業からの寄付金で賄われており、多数の動物が1つの部屋に押し込まれるということはなく、1部屋に1匹、多くても数匹の割合です。全ての部屋に床暖房が完備され、日が当たる設計になっています。

 

猫棟の猫の部屋には爪とぎやおもちゃ、ベッドなどがあり、快適に暮らすことが可能です。

 

f:id:neko-zuki:20170220201738j:plain

 

犬猫だけではなく、馬や猿、爬虫類など様々な種類の動物たちが保護されていて、病気の時には適切な治療を受けさせてもらえます。

 

譲渡も行われていますが、飼う人が一定の基準に満たないと譲渡されません。

日本の保健所のように期限が過ぎると殺処分されるということもなく、里親が見つかるまで無期限で保護してもらえます。

動物の目線で、あらゆる配慮が行われている施設なんです。

 

こんな施設があればいいのに……と昔考えたことがあるのですが、ドイツに存在していると知って感動しました。なんとか世界中の国にこの「ティアハイム」のような施設を作って、世界中の動物の殺処分数を0にできたら……と願ってやみません。

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村